生き方いろいろ?

f:id:Single_word:20200223104700j:plain

子供は父と母の存在があって初めて誕生するが、その過程は現在では一様ではないようだ。

不妊で悩む夫婦がいるし、体外受精をしたり、さらに事情があって別の女性に出産を依頼する人さえいる。

片や、希望していないのに妊娠して、産んだと同時に病院の前などに赤ん坊を捨てたりする人が居る。

子供の登場にはいろいろ親というべき立場の人にまつわる事情があるようだ。

でも、第三者の立場で何の遠慮もなく、さらに無責任に言わせてもらえば、高額な治療代を払ってまで出産するよりも、親のない、行く当てのない子供の親になるという選択はどうなんだろうか。

子育てとは、一人の子供の性格や、この後の人生をいかに生きるかという事、その他いろいろな角度から考えないとならないし、簡単に回答は出せないものだろうが、生まれたと当時に親を知らない子供は気の毒だ。

かといって無理をしてまで他人に出産してもらう人などもいることを考えると、私的には子どもはみんな可愛い、そこそこ幼児でも底抜けに愛らしいという事をつたえたい。

他人と張り合ってよその子よりいい子になってほしいという気持ちはよくわかる。いずれ成長すればさらに優秀な子であってほしいと願う親がほとんどだ。

スティーブ・ジョブスは里子として成長した。

実の親は誕生したとき大学院生で母親自身が子育てを希望していなかった。

さらに他方には子供がいなく引き取りたいというジョブスの親となる夫婦がいて、そこで健康に成長した。

手放すときジョブスの実の母親は何としても大学を出してほしいと希望したというが、引き取ったジョブス夫婦には有り余る余裕のある経済状況ではなかったが、その約束をなんとしても守った。

そして誰でもがご存じの活躍をして世を去った。

このような例はおそらくまれな例と言わざるを得ないだろうが、実の子だってそれは同じではないか。

父親が優秀なら子供もさらに優秀かといえば、そうでもない。経済的に余裕があればいい教育を受けさせて、今後の人生に可能性を広げることができるというくらいだろう。

しかし、育てるのに必要なことは何かという究極的に必要な要点は、親子の関係には血のつながり以上に、精神的なむずび付きが重要なのではないかと思ったりする。平たく言えば本物の愛情さえあれば、いい子が育ち、身勝手に育てたらそれ以上にはならない。

 f:id:Single_word:20200223104159j:plain

子供は親が何を望んでいるのかを知っているようだ。

子供はやっぱり天からの授かりものに違いない。

コメント

  1. Single_word より:

    みあちゃん事件報道を聞いて書いてしまった・・