Single_word’s diary

smartに生きよう

はやぶさ2 宇宙への旅

f:id:Single_word:20191130201455j:plain


りゅうぐうを目ざす旅
 

 

はやぶさⅡが帰還の途に就こうとしている。

宇宙航空研究開発機構(jaxa)の探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうの物質を搾取して地球への帰還を目指している。

 

りゅうぐうの地球着には約8億キロの旅、約1年半がかかるそうだ。

 

りゅうぐうは火星と地球の間に位置する900メートルの小惑星だ。

太陽系の生い立ちや生命の誕生にヒントが詰まったカプセルを抱いている。

 

はやぶさ2は約1年半の間にりゅうぐうの表面に着陸し、りゅうぐうの水分や有機物の採掘に挑んできた。

 

りゅうぐうを目刺したのは2014年12月 

約3年半を費やして2018年6月にりゅうぐう付近へ到着し、二度の着陸を試みて表面の採取作業を試みるなど、約1年半当初の計画通り探査を続けて滞在した。

 

生命誕生のなぞを解くため人類初の試みだ。

なんと壮大なわくわくする話はないか。

 

このような話題に興奮するのは、地球上の権力争いや、資源の奪い合いから離れて未知の宇宙への壮大な夢を抱かせてくれるからだ。

プライバシーポリシー お問い合わせ