Single_word’s diary

smartに生きよう

それでも隠れキリシタンはいる

 


 

 BSフジ プライムニュース

 

 BSフジ プライムニュースを見た後

  「反日種族主義」という言葉を知った。

 荒唐無稽アリランを見て、愕然とする。

   「反日種族主義は世界観が閉鎖的、現実に対する理解が非科学的、

    隣人との関係において敵対的である。」

    

 そう言って、韓国人に目を開くよう6人の学者仲間がタッグを組み訴えている。

   

    反日種族主義は迷信だ。

    日本が食料を収奪したって?

    慰安婦は手ぶらで帰ってきたのか?

    徴用工問題は嘘だらけだ。

 

 

多くの反日韓国人の意識の多くが戦争認識で、日本のそれとあまりに違いすぎるのにはむろん原因があるが、この歴史認識の違いは意図的に作られた?

 

 

f:id:Single_word:20191109222422j:plain

 

朝鮮戦争終了後韓国国内で売れに売れまくった

大河小説「アリラン」

この中には、日本でいわれる韓国教科書以上に

韓国人に反日を扇動する内容が書いてあるという。

そして

350万部というベストセラーとなった経緯がある。

 

 

 

 

韓国の運命は韓国国民が選ぶ・・

これ以上の付き合いはできない

というのが大方の日本の政治家、ジャーナリスト、研究者の考えのようだ。

とはいえ、何にも知らないで扇動されたあげく

未知の運命に導かれるのはあまりに気の毒だ。

過去の歴史の中では、そのようなことは珍しくもなかっただろうが、

これだけグローバルな世の中でニュースが報道され、選択の自由も広がる現在。

韓国国民の半分は、文政権を受け入れっていない。

望んでいない政権と心ならずも歩みを共にするしかないのか。

 

 

反日種族主義に対抗すべく滔々と述べる李ソウル大学教授の姿勢に

感動を覚えてしまった。

 

 

産経新聞の黒田勝弘氏は

プライムニュースで様々な意見を発した後、もはやこれまでという雰囲気の中で

「それでも隠れキリシタンはいる」

と言って今後の韓国における活動を支援したと思った。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ