Single_word’s diary

smartに生きよう

年末調整

f:id:Single_word:20191024224116j:plain

 

年末調整がそろそろ始まります。

昨年も一部変更になりましたが、来年はもっと大幅に変更になります。

担当者は頭の痛いところです。

 

去年は所得控除額に変更があった後で、またまた令和元年に変更が有るとなると、いくら担当者でも頭が痛いです。令和元年の給料計算はもっと変わるようです。

 

なぜ国税庁はこのような変更を年々実施するのか少しその辺を考えてみました。

 

担当者が頭が痛くても、それは給料をもらうための仕事であれば仕方のないことですが、

それぞれの給与所得者がその書き方から還付の方法まで知らなくてはならないとなると、これはもはやいじめではないかと思うのです。

 

結局は増税ではないかと思いますが、セルフメディケーションとかダイレクト納付ができるようになるので、一部いいこところや、知ってさえいれば楽になるところもあるのかと思います。

社会情勢にあっていないのか、一方的な増税なのか、そのための目くらましなのか・・

 

わからないのは通常給料計算の専門家でないなら、それぞれ別の専門的な仕事にまい進したいところで、そうであればいいような感じがするのですが、まあ自分がもらっている給料がどのように計算され、どのような根拠で税額を引かれているのかそれは知っているほうがいいでしょう。

 

責任を担っている人間が、万が一うまい汁を吸っていたとして知らないままでは追及すらできませんし、もともと給料は他人に見せるものではなく、むしろ秘密にすることが多いのです。

 

知識がないと知って同然なことさえ知らないままにすぎることもあります。

 

自分自身の責任で管理できることが望まれるでしょう。

 

プライバシーポリシー お問い合わせ