Single_word’s diary

smartに生きよう

人は信用できない!

f:id:Single_word:20200123223802j:plain

 昨年も芸能人の覚せい剤での逮捕報道が相変わらず続いている。

一般の人のなかもおそらく似たり寄ったりの状態だろうが名が知られていると、ことはタダでは済まされない。家族、親戚などの日常生活にも影響してくる。

 

 

以前ニュース報道されたあるプロスポーツ選手はそのことが表ざたになり逮捕された。その時非常に痛々しい面持ちで「子供に会いたい・・・」と言っていた。

妻とは離婚をされ、子供とも離れ離れになった中で、後悔と自戒の念の中で子供にだけ会いたいのはどのような思いだったのだろうか・・・

 

 

彼にとっての子供とはどんな存在だったのだろうか。その疑問を解く機会があったので書き込んでおくことにした。書籍を開き、その折の心理状態の一部がうなづける部分があった。

 

 

人は幼いころの親の配慮が欠けていて、親から度々失望を与えられ成長すると、その結果、子供はそのことにより後々問題となる事の基礎になるものを心の中に持ってしまう。

 

 誕生日プレゼントが希望したものと違っていた、これじゃないよと言っても親は取り繕うともしなかった。

約束した週末のお出かけが急になくなったりすることも頻繁だった。

 

親からたびたび失望を抱き続けると子供は親に期待する事をしなくなる。

このような親との約束は子供心にはウキウキするほど楽しいものであることを親は忘れてしまっている。

 

子供は親から失望を何度も繰り返され、傷ついた経験が繰り返された。

「親は忙しいんだ。僕のことより大事なことがあるんだ」と何度も思った。

そのうちに子供は次第に、あるいはある日突然に、親を信用することをしなくなってしまう。

 

そうすると気が楽になり、以前より生活が快適にできるようになった。

子供は親に何も期待しないで、約束してもあてにしなくなる。

親を信用しなくなって失望することも激減することになった。

 

 

子供は通常自分の家の両親が、他の家のそれと比較して、劣っているとかまさっているとかは知りえない。

子供は親のやり方が正しいものだと思う。

 

その結果たどり着いたことは「親が信用できない」ではなく「人間は信用できない」という思いであった。

 

 

成長の過程で何度か、その過程を修正する機会があったが、人の世界には信用できる人もいるという事がわかることは、言うならば、その事実を受け入れることは彼にとって痛手をさらに大ききする何物でもない。

自分の子供時代はノーマルではなく親から愛されていなかったことを認めることになるからだった。そしてその自覚は非常に苦痛であった。

 

 f:id:Single_word:20200123223317j:plain

そして人間不信の生き方自体が子供にとってむしろ快適に適応していて生きやすかったのである。

成長して家庭を持っても子供頃身につけた生き方を貫いてゆく。

問題があると逃避して自ら楽しめないように生きてきた。

成長した彼が唯一心をゆるすことのできたのは、支配ができて彼に権威を振るわぬ子供だけであった。この世で信頼できる唯一の存在は子供であったのだ。

 

 

こう言った子供のころの経験がこのような心理に到達することもあるという、一つの仮定であることをご留意いただきたい。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

 

気候温暖化の影響?

f:id:Single_word:20200112231323j:plain


オーストラリアの火災

オーストラリアには過去から森林火災が非常に多い。

宇宙から地球を見た時、赤く燃えている部分があるが、そこが森林火災を示しているそうだ。

通常宇宙からの観測では年中どこからかが燃えているというが、今回続いている火災はオーストラリアの南東部を中心に、昨年9月頃に発生し現在も延々と燃え続けていて消火の手立てすらないし、めぼしもつかないという。

気候的には今はちょうど夏真っ盛り。

さらに地球温暖化の環境問題が影響してさらに拡大の様子を見せているようだ。

死者も出ていると報道されているし、すでに1500棟以上の住宅を焼失している深刻な状態のようだ。

 

そこには森林を住処にしているコアラやカンガルーがいる。

報道では数億匹以上の動物が被害にあったと報道されている。

コアラはユーカリの葉のみを食料としている唯一の動物で、他のものに手を出すという事はない。食べればのんびり昼寝をして過ごすおとなしい動物だ。

しかし、コアラは走れない、火災になるとカンガルーは火元から走って逃げるし、鳥類は空に飛び立つて逃れることができるがコアラにその選択肢はない

コアラの食べるユーカリが油を含んでいることも被害を多くしている原因の一つらしい

生息するおよそ半数のコアラが死亡した可能性があるという辛い話が伝わっている。

 

 

 

地球温暖化ということが生物にどれほどの影響を及ぼすか、どんな影響が出るかを理解できていない人もいるのではないだろうか

私もオゾン層を破壊し、太陽光が直接地表に照射してくるので、北極の氷が解け海面が上昇し、熱波が襲ってくることから気候変動を起こすくらいのことは知っていた。

さらに皮膚がんの発生リスクが上がっていて予防措置が叫ばれている。

近年では、毎年のように異常気象による河川の氾濫や土砂災害などが多発しており、この先1.5度、2度と気温が上昇していくと影響がさらに深刻化していくことが懸念されている

 

  • 高潮や沿岸部の洪水、海面上昇による健康障害や生計崩壊のリスク
  • 大都市部への内水氾濫による人々の健康障害や生計崩壊のリスク
  • 極端な気象現象によるインフラ機能停止
  • 熱波による死亡や疾病
  • 気温上昇や干ばつによる食料不足や食料安全保障の問題
  • 水資源不足と農業生産減少
  • 陸域や淡水の生態系、生物多様性がもたらす、さまざまなサービス損失
  • 同じく海域の生態系、生物多様性への影響貼り付け元  <https://www.wwf.or.jp/activities/basicinfo/1028.html

 

 

だが、生物の具体的なダメージがいかほどかまで想像しなかった。

しかし実害はそんなものではないという具体的に事を知ったことを伝えたいと思う。

 

 

温暖化の問題の最も大きいものは温暖化効果ガスの増加で、CO2は大気中に溶けだした後、地球上をあまねく移動する。

50%は大気中に長くとどまり、25%は海水に溶け、25%は草木に吸収され、あるいは新生物の一部となる。

海面上昇はすでに始まっていて、昨年の気象の異常はご存じのとおりである。

北極の白熊をはじめ生物の今後が危ぶまれており、アジアの沿岸部の低地にする民族などは数百万の移住せざるを得ない状況が起こる。

蚊やネズミなどを媒介する病気が増加し、ヘルスケアの管理の貧弱な処では殊更に顕著となり、数百万種類の動植物が失われるだろう。

動植物が失われることが人類にとってどの様な意味を持つのかを知らなければならない。

 

 

人の吸う空気は植物や微生物のおかげで酸素が作られ、毎日疑問も持たずに飲む水だって水中の小さな生き物や植物の存在によって我々は潤うことが可能になっている。

これら生物のおかげでその恩恵にあずかっているという事である。

食料のメインの米は蜂などの受粉によって実が稔り種を作る。その果てに牛や馬なども食料として与えられ、牛馬の糞はさらに小動物の食につながる。

病気を治療する医薬品もキノコや、土の中のバクテリアによって多くが作られている。

生物の多様性とはそういうことなのだ。

人間が地球を壊し、罪もない動植物を死に追いやるのは犯罪というより、悪ではないだろうか。

 

 

 

そう考えると身近な動植物の絶滅は人類のそう遠くない未来の姿であると想像できるでしょう。

 

ゴーン氏の思惑

 

一昨年暮れより東京拘置所に留置され検察より、巨額の役員報酬に疑惑を持たれ取り調べを受けていた。

さらに自己所有する株の損失を当時、関係を持っていた関連会社に補填させるなどしたとして疑いをかけられていた。

 

近年、世の中は目まぐるしい動いていて、様々なニュースが絶えることなく報道されている。

その中で一旦は世間からは忘れかけていた存在のようであったが、拘留はかなり長期にわたる。ゴーン氏としてはおそらく苦痛以外の何物でもなかろう。

今までの経歴に傷がつくし、保釈金やら所得税の重加算税やら、日産自動車からは損害賠償も請求されそうでかなりの支払いを要することになる。現時点で保釈金15億は没収となるようだ。

ここまでの件についてだって大方の人間にしたら、驚きの連続だが、楽器のケースに身を隠し、保釈中には禁じられている海外渡航を秘密裏に実施するだなど、やる事、考えることがすごいですね。

 

さらに今までの輝かしい経歴を差し引いても、汚名は消し難い。むしろ有名であったことが災いしてどこに行っても顔を知られている。一般にも知られているため空港も、デパートも、観光地もどこに行っても後ろ指をさされる。

ここまでの長い拘留、さらに保釈中における移動の自由はなし、弁明の機会もなし。

不満の出所がなく、禁止だろうが何だろうが、「何とかしたい!!」といったとこなのだろうか。

どっちを向いても四面楚歌、それも日本にきて自分は日産を助けたと思っているのに、詐欺師扱い。

我儘も出てくるのだろうか。

 

「不公正な日本の司法から逃れるため」とはいえ、本人は報酬についても世界中を見ても妥当な金額と言ってはばからない。個人所有の株の損失補填についても当然あり得る措置だという事だろう。

f:id:Single_word:20200104164647g:plain

  

65歳、今後はどこか素晴らしい景観のところに行って優雅でのんびりと暮らしたいと思ったことであろうか。

再婚もして新しい妻と、世界で一番幸せな余生を期待していたことだろう。

ところが

ここに来てこんなことがあろうとは・・・

 

 

 人生はは己のおもうように進まないことの方が多いのだ。

あまりに順風満帆な人生行路が今ここにきて躓いた。

成り行きを見ていると自己愛性ナルシストの塊のような印象があちこちに見て取れる。

自分に対してこのような対応をするなど、どの誰だと言っているようだ。

日本の検察は全面対決を表明している、レバノン当局は今後ゴーン氏より直接話を聞くとしているがおそらく迷惑なとばっちりを受けたと思っていることであろう。

 

どのようは結末になるかしれないが、私には事実は小説より奇なり、という言葉が浮かんでくるし、結果によっては世紀の大泥棒といったところになるやもしれない。

 


 

20世紀は戦争の世紀

 

もはや2019年もあと少しで終わる。

21世紀生まれの労働者がいるかもしれないが多くはまだ学生が多いことだろう。

彼らはその半世紀ほど前、日本が戦争の悲劇の中にいて、親子、恋人、友人と生き別れにあるいは死んで別れたこともが珍しくないことを知らないだろう。

しかし、現実に多くの、本当に多くの人間の命が戦争によって奪われてきたのだ。

それも若き夢多き若者や、一家の大黒柱という世代の人々の命だ。

 

私も戦争は知らない、むしろ現在生存している人々は大方知らない世代だろう。

ただ今は幸せなことに様々な膨大な資料が残され、映像で家庭にまで流されるので知る機会は多い。

最近では国際報道というか、国際協力の名のもとに過去の映像も世界的なレベルで復元し編集され、日々家庭の中で放映されている。

日本の学校での教育では教えてもらえなかったことでも、積極的に調べようとすれば、日常的に放映され続けているので調べることは簡単にできる。

 

日本は太平洋戦争を起こし、当時200万を超える人々が戦火の露となり、日本国内において空襲や原発で命を落とした人も含めると300万を超える。

その後の歴史はご承知の通り、日本はアメリカとの国際協定を結び追従してゆくこととなるが、経済では歴史的な復興をはたして経済大国となった。

今生きている人間の幸せはその土台となった若き戦争被害者たちの苦労の上に築かれていることを忘れてはならないのではないだろうか。

 

f:id:Single_word:20191229214347j:plain

 

いま、世界的は当時より科学は飛躍的な進歩をし地域も変化し、それぞれの国の安全や平和を維持する方法は戦争などというきな臭い、また、非人間的な行動には寄らない方法が模索されているのだという事は言える。

しかし、それでも人はやっぱり自分の優位性、プライドが維持できない時には人間に戻り、どのような方向にながれるかなどは、決して言い切ることはできない。

 

政治の指導者のリーダーシップ、判断力を信じるしか我々にはできないが、良き時代を築く一員として日々行動することの重要なことは、誰にでも当てはまることである。

 

日本は戦後74年間戦争はなく、豊かな物資にあふれて自由に不満もなく生きてこれた人が多い。

でも、地球上では今日でもなお戦争に苦しみ、生きることの不安に陥って生きている人たちは少なくない。

若き命が戦争によって失われている現実はあるのだ。

 

先ごろ、憲法9条をめぐる小さな会話を耳にした。

それが本音だろうと思う。

「戦争に行きたくないよね。戦争ができる国になりたくないよね。」

 

同じ地球上に生まれ同じ世代を生きていても、国を背負い戦いにはせ参じるものもいる。戦争ができる国に生まれた悲劇だろうか。

戦争はあってはいけない。

ただ運よく日本に生まれた人間と、逆にシリアに生まれた人間と、どちらが必死に生きているのかと言われたら、答えは出ない。

人生も同じだ。安穏と苦労もなく育ち、夏も冬も温暖な環境に恵まれて勉強に励んでいるだけでよいと言ったら、シリアに生きる人たちはうらやましいと思うだろう。

医学が進み、受ける治療はかなり進歩して多くは普通に80年は生きる世界が一番いい。

でも、どちらが人生を充分生きたといえるかと言われたら、何と答えるのだろうか。

憲法改正  是非?

f:id:Single_word:20190817110646j:plain


安倍総理の発信する憲法改正についての姿勢が日増しに強く感じられるこの頃である。

私自身についていえば、BSニュースや報道特集などに関心が強くなって、憲法改正を目指す日本の姿勢がなぜ必要かについて大筋が見えてきたところだ。

 

憲法についてに私の意識と言えば、9条は素晴らしい。

あれだけ悲惨な思いをし、多くの犠牲者を出した太平洋戦争・・・もう二度と戦争はしない。

他国から強制的に押し付けられたとはいえ、「よいものは良い」と思っていた。

70年もの長い間変わることない憲法でも、やっぱり良いものは良い・・変わる必要、押し付けられた憲法などの問題ではないと思っていた。

今でもその部分は私的にはよいものは良いことに変わりはないが、社会の変化に対応できない憲法では困るのである。ではなぜ困るのか

にわか仕込みではあるが、まとめてみた。

 

 

憲法は法律の中の法律である、国の根幹、国の姿勢を示す法律である。

目まぐるしく変化する世界の情勢は、今や太平洋戦争直前に比較してさえよりきな臭いという専門家もいる。

日本は海洋国家である。資源は少なく人材、教育が優先の国である。

それは今までも今後も同じである。国家の自主防衛は少なくともここ数年は無理である。

 

しかし日本の周りを見れば核を保持し、益々その精度を高めようとしている北朝鮮がすぐそばにあって、その国にわき目も降らずにラブコールを送る文政権率いる韓国が続く。

韓国は今や日本と共同で東アジアを引っ張っていく同志としての立場は否定せざるを得ない。

感情のとりこになるばかりでいつまでも成熟さが見られないのだ。

北朝鮮とはやはり似たもの通しで同じ民族なのだろう。

 

その西側には中国があり、日本の最大の同盟国であるアメリカとの対立を遠慮なく声高に叫び、日本にも強圧的な態度を遠慮しない。

経済の発展をよいことに自国の「元の国際化」を虎視眈々と狙っている。

香港問題、台湾の問題、ウイグル自治区への人権無視な対応・・

さらにその中国をその北方からバックアップしているようなロシアは日本の敗戦後の領土をいまだに返還する意思さえ示さない。

返還の見込みが全く見えないだけでなく、本当の姿を見せようとはしていない。

世界は驚くほど変わっているのだ。

 

 

つまり、現在、世界は右も左を見ても恐ろしい状況が広がっているとしか言いようがない。世界はさらに深刻の度合いを増している。

この世界の中で日本の生きてゆく道、立場は?選択の余地は?

 

 

  • 中国に対しては厳しい対応をしてゆく、常にはっきりと問題提起、意思表示する。さらに世界に日本の議会が自由に日本の立場を発信してゆく
  • 今後の日本の行く道の独特の生き方を目指す、TTP・EPAを取りまとめた日本の実力を信じて国益を増してゆくこと

 

 

そのような東アジアのみならず世界の急激な状況変化は、日本に否応なく自主防衛の必要性を迫ってくる。

少なくとも世界の中で生き抜いてゆくためには経済的な揺らがぬ素地が大切である。そして世界の変化はチャンスでもある。

日本人の価値観、変化が今後の世界にどのように受け止められるかが今後の世界における日本の生き抜く方向を示しているという

 

 

憲法のどこを修正しようというのか。

対象は第9条であり、この中には自衛隊が明記されていない。

 

(憲法9条)

 1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

貼り付け元  <https://www.nhk.or.jp/politics/articles/feature/1365.html>

 

 

アメリカは日本の同盟国である、しかし、いつも後ろにいてくれるわけではない。

日本との関係が友好的でも国益にそぐわなければアメリカも去ってゆくだろう。

自立国しての国の国民としての自覚を持つことだ。

それが憲法となるかもしれない。

少なくとも日本も自国は自分の力でを守ろうとする意識がある事を本気で表明しないとならないのだ。

 

将来の日本の子供たちそれに続く世代のために、日本がどのような道を進むことが望ましいのか、間違えることない将来の選択することは、今を生きる我々の義務だと思う。 

 

不条理・理不尽?

例えば親しい人の秘密を知って、なおその秘密が法的に違法であるとき、さらに力になってあげようとするとこれは不条理というのだろうか

例えば具体的に尽くしても尽くしても実らぬ思いは理不尽な扱いをされたというのだろうか

 

此の世は自分の思い通りにはゆかないことのほうが多い

一部の特別に幸せな人間以外はみんな不満だらけの人生なのだ。

 

最悪の場合は被害に見舞われた被害者の意識だ

極刑を望むといっても裁判結果をのぞいてみれば、終身刑だった・・

自分の妻や子を無残に切り刻まれたら、つらかろう

気持ちをどう扱えばよいか苦しむだろう

 

だから、加害者には極刑を!

と望むのは人として当然なのだろう

 

しかし

南アフリカのマンデラ元大統領は自分を捉えて、独房に押し込んだ相手にも、愛を注ぎそのあげく

救われその後大統領となった人である。

 

インビクタス/負けざる者たち

 

f:id:Single_word:20191208203108j:plain

 

  ここまで達観できる人間は非常に少ない。

27年間も刑務所に投獄されたのに許すだけでなく、恨むどころか出所し大統領になったときには式典に招待までしている。

 

ネルソン・マンデラは人を許すことに価値を見出した数少ない人である・・・

人は何が正しいか、考えて判断できる唯一の存在だ。しかし感情のとりこになっている間はそのことを考えようとはしない

 

その人なりの素晴らしさはよくわかる。

しかしそのことを世間に伝えようとする人(イーストウッド)の業績も無視できない偉大なことである事が伝わってくる。

韓国の迷走?

f:id:Single_word:20191208125141j:plain


韓国文政権の迷走状況がくっきりと浮上してきた感がある。

先のプライムニュースを見ていて、

複数の韓国人が登場すると意思疎通が全く相いれない状況が浮かび上がる…

 

 

韓国人とのかかわりを6年ほど過ごしたことのある経験上いうと、個々の個性が強すぎる、あるいは譲るという精神、意識が少なすぎるといった気がする。

そのため、国のなかが日本であればいやいやながらもまとまるところが、それさえできない。

自己を枉げてついていくなどといったことは恥なのだ。

それならば死を選択したほうがいいといったところだろうか。

 

 

自殺の割合も多いそうだ

 

 OECD加盟国での自殺率が13年連続で1位、今年は2位。
貼り付け元  <https://joshi-spa.jp/949135>

 

先のカラとかいう芸能人の自殺報道を聞いて、ありうる!!

といった感がぬぐえない。

 

 

韓国に育った人ならば、おそらく韓国風な精神的土壌は、我々日本人の予想を上回るだろうに、それでさえ生き抜くことが困難なのだ。

 

日本でもsnsなどにより個人攻撃、非難が集中することが問題視されているが、その非難は日本の比ではないという。

ゲームによる依存症、ゲーム中毒も半端でない。

人を死にまで追い込んでしまうことに何の苦痛もないのだろうか。

 

非難する人が居ることは非難される人が居る。

非難を受ける人間は非難されることを知らないわけではないだろう。

最も生きることが困難なほど、非常識な罪を犯したのならそれは仕方がないが、そうでもない場合

相手が死を選択するほどに追い込むことはどういう事だろう。それで気が晴れるというのだろうか。

お追い込むことは罪ではないだろうか?

 

 

国民の声が真っ二つに割れてまとまらない。

自己主張が強すぎる。プライドが高すぎる。

確かに日本人から見ると個性的でよさげだ。

 

 

欧米人にもこれに似た状況はある。日本人としてはうらやましい。

しかし欧米にはそれなりに懐の深さがあって、

他国の人だからと言って排除するとか、気に入らないからという以上に、

個人の個性を認めて尊重してくれる風潮がある。

韓国は日本人から見るとそれが足りない、というより常に張り合う気がする。

 

 

個人個人がそれぞれの相手の意見に耳を貸し、それを反復してその主張を尊重する風潮は大事なことだ。

そのような心掛けがないと、ぎりぎりのところにきて亀裂を生むことは容易に想像できる。

 

特に政治、国際政治の舞台では、主張するところは主張しても、一歩も二歩も譲歩できるところまで熟慮して相手を尊重して話を進める・・

  

「反日種族主義」を貫く意識は韓国に生き抜く人々が無意識のうちに育てた個性的、対立的な感情と、譲ることを知らない強い自意識が作っているような気がする。

 

パワフル、エネルギッシュという側面の良さも自分勝手、利己主義

といったことで薄れてしまう事は残念だ。

プライバシーポリシー お問い合わせ